岐阜県の看護学校(看護専門学校)|社会人にオススメTOP5

岐阜県の看護学校(看護専門学校)|社会人にオススメTOP5

社会人専門のオンライン看護予備校アイプラスアカデミーでは、社会人を専門としている看護予備校ならではの視点で、看護師を目指す社会人の皆さんのお役に立つ情報を発信していきます。

岐阜県は学費の安い公立の看護専門学校も多くありますが、更に社会人経験者・子育てをしながらの資格取得をめざして頑張るお母さん学生さんをサポートしてくれる学校が多いことも特徴にあげられます。

その中でも給付金や奨学金の利用の可否や、入試倍率などの過去の入試データをもとにした独自の視点によるランキングとなっています。

岐阜県の看護専門学校への進学を考えている社会人の皆さんは是非とも参考にしてください!

社会人にオススメする順位の基準

社会人の皆さんにオススメする基準として、学費を重要視したランキングになっています。

1位から5位までの看護専門学校はすべて専門実践教育訓練給付の対象となっています。

専門実践教育訓練給付金とは

社会人経験が3年以上ある人であれば、訓練経費(学費)の最大50%(年間上限40万円)の給付が受けられます。
また、資格取得後1年以内に正職員などに採用されると70%(年間56万円)が給付されるので、社会人経験のある方は、是非とも活用したい制度です。

詳しくは以下の記事でも紹介しています!

社会人の看護学校進学に利用できる給付金
社会人が看護学校への進学を考えたときに悩むのが、学費の問題です。看護学校には返済不要の給付金制度が利用できるところも多くあります。専門実践教育訓練給付は学費の最…
iplus-academy.online

岐阜県の看護学校(看護専門学校)|社会人にオススメ第1位

岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

岐阜県立衛生専門学校
岐阜県立衛生専門学校

定員

募集定員40名
推薦入試定員の%程度(名程度)
社会人入試なし
地域枠推薦入学試験なし
一般入試定員の%程度(名程度)

倍率

入試方式2020年度2019年度2018年度
特別入試1.8
一般入試1.4

学費

入学料県内出身者:7,300円 県外出身者:14,600円
授業料(3年分授業料)約360,000円
合計(3年間) (3年間
 県内:約367,300円  県外:374,600円
その他必要費用・図書費 約150,000円(3年間)
・教材費・実習費 約250,000円(3年間)
学費の支援・上野高子看護学生奨学基金(給付型)
・専門実践教育訓練給付金(給付型)
・高等教育の修学支援新制度
(給付型・授業料減免)
・日本学生支援機構奨学金(貸与型)

社会人にオススメの理由

・公立学校のため、そもそも学費が安い上に、奨学金制度など、学費の支援の幅が広い。特に社会人の人が対象になりやすい「専門実践教育訓練給付金」の対象校なので、給付型の支援の幅が広い。岐阜県総合医療センターなど、様々な実習施設が有り実践的な学びが多い。

岐阜県の看護学校(看護専門学校)|社会人にオススメ第2位

岐阜県立多治見看護専門学校(看護学科)

岐阜県立多治見看護専門学校
岐阜県立多治見看護専門学校

定員

募集定員40名
推薦入試
社会人入試
なし
なし
特別入試定員の50%程度(20名程度)
一般入試定員の50%程度(20名程度)

倍率

入試方式2020年度2019年度2018年度
特別入試1.4
一般入試1.9

学費

入学料県内出身者:7,300円 県外出身者:14,600円
授業料(年額)118,000円(半期59,400円)
合計(初年度) 県内:125,300 円  県外:132,600円
その他必要費用・図書費/教材費/実習費 
約350,000円(3年間)
学費の支援・日本学生支援機構奨学金(貸与型)
・専門実践教育訓練給付金(給付型)
・高等教育の修学支援新制度
 (給付型・授業料減免)

社会人にオススメの理由

・公立学校のため、そもそも学費が安い。特に社会人の人が対象になりやすい「専門実践教育訓練給付金」の対象校なので、給付型の支援を受けやすい。規模としてはそこまで大きくはないので、仲間意識を持って資格取得に向け学習に取り組見やすい環境がある。

岐阜県の看護学校(看護専門学校)|社会人にオススメ第3位

岐阜県立下呂看護専門学校(看護学科)

gerokanngo
岐阜県立下呂看護専門学校

定員 (※6月30日現在 昨年度情報)

募集定員30名
推薦入試
社会人入試
定員の50%程度(15名程度)
なし
地域枠推薦入学試験なし
一般入試定員の50%程度(15名程度)

倍率

入試方式2020年度2019年度2018年度
特別入試1.8
一般入試1.8

学費

入学料県内出身者:7,300円 県外出身者:14,600円
授業料(年額)118,800円
(半期59,400円)
合計(初年度) 県内:126,100円  県外:133,400円
その他必要費用教科書・教材費等 430,000円程度(3年間)
学費の支援・下呂市看護師等修学資金(貸与型)
・日本学生支援機構奨学金(貸与型)
・高等教育の修学支援新制度
 (給付型・授業料減免)

社会人にオススメの理由

・公立学校のため、そもそも学費が安い。少人数の学校で、一人ひとりに合わせた指導を実施している。年齢層は広いが、各クラスの人数も少なく、仲間意識を持った良い雰囲気の中で学習できる環境がある。

岐阜県の看護学校(看護専門学校)|社会人にオススメ第4位

岐阜市立看護専門学校(看護学科)

gihushiritukanngo
岐阜市立看護専門学校

定員

募集定員35名
推薦入試定員の30%程度(10名程度)
社会人入試なし
一般入試定員の70%程度(25名程度)

倍率

入試方式2020年度2019年度2018年度
推薦入試2.82.71.7
一般入試2.01.52.1

学費

入学料7,300円
授業料(年額)118,800円(二期分納)
合計(初年度)126,100円
その他必要費用・教科書代 約110,000円
・傷害保険料 13,500~27,000円
・実習諸経費 約37,000円
・教材費 約15,000円
・参考書 約10,000円 (必要に応じて各自購入)
学費の支援・日本学生支援機構奨学金(貸与型)
・高等教育の修学支援新制度
 (給付型・授業料減免)

社会人にオススメの理由

・隣接する岐阜市市民病院から各分野の講師が講義を行うので、臨床に役立つ実践的な内容を学ぶ事ができる。卒業後に求められる看護実践力をつけるために、学生の学習習慣を大切にし、シミュレーション教育を推進している。高等教育の修学支援新制度の対象校のため、対象であれば学費の負担が軽減できる。

岐阜県の看護学校(看護専門学校)|社会人にオススメ第5位

大垣市医師会看護専門学校(看護学科)

oogaki
大垣市医師会看護専門学校

定員(※7月3日現在 昨年度情報)

募集定員40名
推薦入試
社会人入試
定員の50%程度(20名程度)
なし
地域枠推薦入学試験なし
一般入試定員の50%程度(20名程度)

倍率

入試方式2020年度2019年度2018年度
推薦入試
一般入試

学費

入学料200,000円
授業料(月額)30,000円
(年額)360,000円(二期分納)
合計(初年度)560,000 円
その他必要費用・実験実習費 60,000円(月額5,000円)
・運営協力金 150,000円
学費の支援・国の教育ローン
・専門実践教育訓練給付金(給付型)
・高等教育の修学支援新制度
 (給付型・授業料減免)
・日本学生支援機構奨学金(貸与型)

社会人にオススメの理由

・子育てとの両立をしながらの通学を受け入れている学校なので、子育て世代にとって通いやすい。学費の面でも、特に社会人の人が対象になりやすい「専門実践教育訓練給付金」の対象校なので、給付型の支援を受けやすい。

資料ダウンロード 資料
ダウンロード
資料送付申込 資料送付
申込
無料個別相談・体験申込 無料相談
体験申込
電話番号